京葉線

早朝から京葉線が止まって大変だったようです。朝ニュースを聞いた時「京王線」に聞こえて一時びっくりしましたが違っていました。それでも東西線や武蔵野線など多摩地区の電車も影響をうけたようです。

京葉線というのは縁があるようでないような、というのは、これまでに乗ったことが10回程度しかない、近郊の路線では極めて少ないのです。しかし、京葉線は出身高校のすぐ隣を通っている路線なのです。
もっとも、私が高校在学の頃は建設中でした。それにうちは総武線よりも内側なのであったとしても京成線同様使わなかったと思います。

京葉線が東京都まで路線を拡げ開業したのが1988年(東京駅乗り入れは1990年)なので、平成と同い年ですね。その間に浦安市の人口はおよそ倍になったそうです。

地下鉄をのぞくと、東京の鉄道って昭和の頭までにかなりの部分が出来上がっているのです。京葉線はとても新しい路線なのですが、なんかない頃を知っているのは自分が前時代の人間のような不思議な気持ちです。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です