林家三平ものがたり

先週の土曜だから、19日にTXで放映したドラマです。題名の通り三平師匠の生涯を描いたものです。

私は、だいたいの事は知っていたつもりですがこうしてドラマにすると三平師匠の生き方、運命を再度認識します。そして彼の家族の生き様。まあいいドラマでした。
キャスティングか可も不可もあるけど文句はいいません。三平師匠のドラマを作っただけで満足です。

いや、でもひとつだけ、これはフィクションがだいぶ入るのでしょうが、ヨシ子さんという人物が登場します例の師匠のギャグのモデルになった人で実在だそうです、これを三平の初恋の人物で、不倫相手という設定にしています。これはシナリオとしてOKです。で、この役が「紺野まひる」で、雰囲気が最近痩せた菊川怜(香葉子役)に似ているのです。ここは(ドラマであるなら)違った印象の女優を配置して欲しかったです。

海老名香葉子さんは、東京大空襲で家族を亡くし、三平師匠と結婚し、子を成して、三平師匠の大病を看護し、いよいよ正蔵襲名という時に師匠を亡くし、その後昨年こん平の九代目正蔵襲名を見届けます。
まさに、不幸と不幸の間に幸せを感じる人生だったと思います。

最近の私は、渥美さんの命日以来「渥美清モード」でしたが「三平モード」になりそうです。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です