渥美さんの生涯

4日が命日だったこともあって渥美さんの追悼番組が多くありました。なかでもBS2の「渥美清の肖像~知られざる役者人生~」は見どころがありました。
小林信彦さんが書いた本の知識と合わせるとなんとなく渥美清(田所康男)の人生が見えてきます。

それでも自分から積極的にプロフィールを明かしていませんし、学歴などは未だに謎です。でもそれはそれでいいと思います。ひとつひとつのエピソードを知って、彼の人生を想像するのがまた楽しいです。

寅さんの最終作「紅の花」でNHKが渥美さんの撮影風景を取材出来て、それはクローズアップ現代で流されたのですが(残念ながら観ていません)、そのビデオが若干放映されていました。

最近は録画するものが多く、二度、三度観ることができないのですが、この番組の録画は繰り返し観て研究すると思います。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です