知らなかった世界

それで、昨日はひどい顔でPAのお手伝いでした。
それが「BBOY」のイベント。
えーとね、BBOYって言葉は昨日初めて知ったのですが、ヒップホップな人たちっていうか、ブレイクダンスを踊る人達っていうか、”break boy”あるいは、”breakin’ boy”らしいです。

イベントはダンスバトルで、5人組のチームが60ぐらい出て予選。その中でベスト16を選んで本選トーナメント。

私の中では、ヒップホップは音楽の中でももっとも遠い位置にあるもので、ジャズやクラシックより縁遠い存在です。
というより、ひたすら毛嫌いしている部分がありました。

ズボン下げて、だぶだぶのトレーナー着て、ラップで踊っている奴は「バカ」だと、そんな偏見もありました。
(これはビートルズに顔をしかめていた人と同じ偏屈だと感じてヤバイと思っていたんですがね)

昨日のイベントでは、上記にあげた自分の中でのステロタイプが見事にふっとびました。

みんなダンス上手なんです。曲芸みたいな技もあったし、見ていて引き込まれました。DJも上手で、イベントが活力がありました。

頭でクルクル廻ったり、やけに力業(やまさんは「鞍馬」と言っていました)があったり、確かに昔は体操選手だったんじゃないかってほどです。

ラストの方になってようやくわかったのですが、ダンスも個人のセンスだけじゃなくって、基本の型がいくつかあって、それのコンビネーションと、センスで構成されていたのです。

もうすぐ43歳ですが、これだけ生きてきて自分の全く知らなかった世界があることに少し感動を覚えてしまいました。

(mixi日記から転載)

コメント

    • ぐり

      ぐり2006年07月25日 00:42 削除

      さすがですね! 一皮むけましたな(顔)←だいじょうぶ?

      しかしまあスゴかったね! 審査してる間誰でもステージに上がって来て遊ぶ時間(DJタイムだっけ?)の時に出て来た5~6才くらいの子が様になってたのはおもいっきたまげた!

      さるだなあれは・・・

      まさに体操のわざ、鞍馬や床の技術+ヘッドスピンなどなど
      クオリティの高さに感動!!!

      でもあの身体の柔らかさ、ほしいなぁ~~

たけちゃん

close

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です