久々に読んで損した本

「御社の営業がダメな理由」 新潮社 藤本篤志著

タイトル買いしました。だってなんか惹かれませんか。
内容は途中までは「ふんふん」って読んでたけど、「もしかしてこれだけ?」「あれっ?」って感じでした。結論は「そんなことわかりきってるよ」です。

少なくとも営業的な要素がある職場で数年働いた人なら、感じたであろう問題をあえて掲げています。
そして、この人は多くの自慢話の揚げ句、あとがきで、その問題点を解決できたある条件を書いています。それは普通ではありません。

もちろん、この本の内容に気づいていない人種は多くいます。私が以前働いていた会社の社長はそうでした(ちなみにその会社はなんか大変なことになっているようです)。
しかし、大半は気づいていて行動がおこせないのです。

そう、こういう本は凡人が読むのです、ところがこの人の書く解決方法は経営者に近くないと決断できません。
まあ、大半のビジネス書がそうだし、だからいつもは読まないのですがね。

セールスマンが仕事さぼって喫茶店でこの本読んでたら笑えるのにな。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です