USENの営業

仕事帰りに渋谷の楽器屋で買物をして出てきたら、「スピードくじを引いてください」ときました。三角くじをめくると「二等」。

くじを配った兄ちゃんは、「あれっ、二等ですよ。そんななんでもないような顔してるけど、ここの紙みてください(受賞者の名前の表)今日一日で二等はお二人、三人目なんですよ(19:30ぐらいだから楽器屋の商売的には一日の終わりに近い時間)」。なんでもないような顔は生まれつき。それにしても、もしかしていいもの引いたのかな?

「二等はUSENの○△□(名前忘れた)です」とオーディオのコンポーネントみたいな写真を示しました。ふむふむ、この機械がもらえるのか。
「USENの○△□はお客様のおうちにセットしていただくと録音もできるんです」。

うちにセットする?
ここまできて、勘の鈍い私は解りました。あーUSENに加入させるつもりなのね。

「今回はこのチューナーとパラボラアンテナと初期費用が無料になります」
「お申し込み用紙をお書きいただいて二等賞です」

聞きました、月いくらかかるの?
「5000円ぐらいです、録音できるんです。CD買うより安いでしょう」

そうか、さっきはこの渋谷で一日たった三人のラッキーを引いたと思ったけど、渋谷にはこんな商法におとされる人が二人もいるんですね。

しかし、明日はGYAOも参加して制作した映画、「初恋」を観にいこうかと思っています。

(Hatena::Diaryより転載)

「USENの営業」への2件のフィードバック

  1. ども^^
    私も二等を引いた事ありますよーーw
    5年くらい前かなー。私は福岡なんできっと全国的に同じ事やってるんでしょうねー。先日、私のお客さんが同じ様に申し込んでしまったので「音楽好きでずっと家にいて音楽を聞くなら価値はあるけど忙しくてあまり聞けないなら勿体ないよ~」と教えてあげました。2年間は解約出来ないので、12万を払う事になってしまいますもんね。

  2. 琉-ryu-さんコメントありがとうございます。
    そうですね全国的なんでしょうね、ネットで一曲単位で音楽を買うのにも抵抗があるけど、このUSENのやりかたもね…。
    ベンチャーズ聴いてますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です