点と線

「点と線」 1958年 東映

駅の電車の発車時間によるトリックを使った松本清張の同名の推理小説の映画化です。この映画で舞台になった福岡の香椎駅が高架化で、この映画の名残を残した駅舎が取り壊されるそうです。
また昭和がなくなります…。

「点と線」は好きな映画です。加藤嘉がいいです。南廣は新人とクレジットされていたと思うのですが、デビュー作ではありません。この人は後にウルトラシリーズに主演します。東宝にいたら良かったのにと思います。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です