30年後

今年30歳になる友人が何人かいます。友人といっても相当年下です。30年前は自分は中学生でした。そこで、その頃の自分が今にタイムトリップしたらどう感じるか考えてみます。

第一弾!「オーディオ・ヴィジュアル」

中学生の頃、TRIO(現:KENWOOD)のシステムコンポを買ってもらいました。内容は、レコードプレイヤー、チューナー(AM・FM)、プリメインアンプ、カセットデッキ、スピーカーです。
この前ちらっと書きましたが、ビデオがわが家に登場したのは高校生の頃でこの頃はありませんでした。テレビは二台あったのかな…、少なくとも数年前は一家に一台状態だったのは確かです。

——————————
さて、今は何でもデジタルです。これは中学生のたけちゃんびっくりします。当時PCMという技術の可能性が紹介されていました。「パルス・コード・モジュレーション」デジタル変換技術です。ただCDやDVDの様な媒体は想像できませんでした。
テープレコーダーの音がどうしたら良くなるか考えてた時代です。

テレビのチャンネルの多さ、録画できる、しかもビデオテープ時代を越えてHDD、DVD時代です。これもたけちゃん感動に絶句します。
オバQのテーマ曲のドラムパターンを研究するために、テレビの前にラジカセを置いてマイクで録っている時代でした。

レコードのカセットテープも高かったです。物価はかなり上がったけど、レコードとCDってそんなに変わってない、少し前までの卵のようです。
メディア(媒体)は、CDは50円以下、DVDは100円以下で手に入りますね。

ソフト、コンテンツにもびっくりします。昔「エアチェック」といってラジオから曲を録音しましたが、ちゃんとしたプログラムになっている番組なんて少なくてそれでも必死に録っていました。
レンタルレコードが出てきてから少し状況は変わりました。

第二弾は「携帯電話」
近日公開予定

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です