総理大臣

今日のニュースは、小沢さんと小泉さんの握手ですが、数日前のニュースで小泉総理の在任期間が中曽根元総理を越えて戦後歴代第三位になったそうです。この上の二人は吉田茂と佐藤栄作。

私は子供の頃、総理大臣は佐藤栄作だと思っていました。あたりまえだって?
私には、天皇が裕仁(昭和天皇)であるように総理は佐藤栄作だったのです。それほど変わりませんでした。

佐藤栄作の総理在任期間は1964年~72年、私が1歳~9歳までです。物心ついて社会科を習う年のあいだ、ずーと同じ総理だったのです。
その後「まー、そのー」が総理になって、オイルショックがきてロッキードと、なんか子供心にも時代が変わったと思ったのでした。

さて、吉田茂の愛弟子が、池田勇人、佐藤栄作です。この二人はやがて対立し、池田~大平~宮沢という流れと、佐藤~田中~竹下という流れに分かれています。そして田中~竹下は順調に引き継いではいません。それでもこの二つの流れを「保守本流」と呼ぶなら、今の小沢、国民新党の綿貫、空中分解した旧橋本派がひとつ、古賀、加藤紘一なんかがひとつ。
とにかくぱっとしません。

佐藤栄作の実兄、岸信介。この人も総理でした。この人は福田派の前身。今の森、小泉、安倍、福田はみんなこの流れです。そしてこの流れは以前は「反主流派」でした。

中学生ぐらいに「小説・吉田学校」の映画を解説付で観せると、いいと思うのですがね、とてもよくわかります。
解説というのは、芦田伸介演じる「鳩山一郎」が鳩山由紀夫のお祖父さん、麻生太郎にいたっては、森繁の「吉田茂」がお祖父さん、夏目雅子演じる「麻生(吉田)和子」がお母さんとかね、親しみがわくでしょう?
石田純一も出てるし、辺見えみりパパは「田中角栄」です。

ひとつだけ言えるのは、小泉さんの在任期間の記録より、阪神の金本の方がよっぽど価値があるって事です。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です