PSE後の風景

4月になってはじめて近所のリサイクルショップ(トレジャーファクトリー三鷹店)にいきました。テレビやビデオデッキはさすがにぐっと数を減らしていました。お客さんはいつものの土曜より少し多かったか同じぐらいでした。

前から高い楽器だけガラスのショーケースに入れていたのですが、そのケースが増えてました(ヴィンテージ対策?)。

とくに買いはしないのですが、オープンリールのテープレコーダー、4トラックカセットのカラオケ、レーザーディスクなど見るの好きです。そして今のCD、DVD(とネット配信かな)時代になってもオーディオビジュアルの歴史として存在すべきだと思うんですよね。

いい加減な法律できっとザル法なので、リサイクルショップで面白い物を見つける趣味は続けようと思ったのでした。

(Hatena::Diaryより転載)

「PSE後の風景」への2件のフィードバック

  1. 賛成!
    古道具には面白い発見がいっぱいあるのだ。
    新しいものには絶対に見いだせない魅力がある。
    タイムカプセルみたいなものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です