くだらない党首選

書く必要もないのですが、後々読んで「あーそんなこともあったなー」って思うかも知れないので書いておきます。

民主党の党首選、小沢一郎が代表に決まりました。私は、どっちも嫌いなので(菅の方がより嫌いだけどそれはさておき)、何も感慨がありません。
しかし、マスコミはたかが民主党のの党首選でかなり大騒ぎをしていました。これは岡田や前原のときの「誰それ?」と違い役者が二人、しかも「水と油」「犬と猿」的で面白かったからでしょう。あるいみ民主党には得だったかもしれません。

これで半年間、角福戦争の残党が与野党の党首です。
小泉さんがインタビューに答えて、小沢さんの思い出を語りながら
「私はずっと反主流派だったから」と皮肉ったり、小沢さんの事を聞かれて
「いやー人間はそんなに変わらないでしょう」とか答えていたのは笑いました。

かつて小沢さんの参謀だった金丸信って好きなんですよね、三木武吉のようで。小沢さんはああいう人がいないとだめでしょう、きっと。だから経世会の後は存在だけの人だったと思います。

田中真紀子もなんだろう、あなた経世会が敵でしょう?
それより、菅直人はお遍路の後とっとと創価学会に入ればよかったんですよ。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です