さよならニフティーサーブ

2006-03-31

ニフティーのパソコン・ワープロ通信が今日で終了になります。ワープロって凄いですね、最近見てませんワープロ専用機。そのうち「親指シフト」なんて知っている人がいなくなるのでしょうか。

私が最初に獲得したメールアドレスは、「EZE03762@niftyserve.or.jp」でした。1997年でした。PCはもっと前のdosやbasicの頃から使ってはいたのですが、通信には関心がありませんでした。だからちょっと遅いです。
その頃はニフティはすでにISPとしても機能していたのですが、古くから通信をやってる人達の「やるならニフティサーブ」的なお薦めにしたがいました。

結局今でもメルアドのみの契約をしています。ちなみに今は「EZE03762@nifty.com」に変わっています。月262円です。

当時はダイヤルアップでしたので、niftermなんてソフトを使って通信していました。インターネットも遅かったですね。今が夢の様です。

その反面、ウイルスや問題のあるサイトなどの弊害が出てきています。仕方がないですね。

パソコン通信で閉じた世界(しかも割合お金がかかる)では、高い意識をもった人達が多かったのかなとも思います。

まあ、そんなことで新しい時代の中の古いものがひとつ消えました。最後に当時niftermで送信したメールを披露します。

——————-
INABA 10/07 RE:Hello from Inaba
TO:INET:inabaaaa@marinet.or.jp
SUB:RE:Hello from Inaba
INABA 先生 こんにちは。
>Date: Mon, 6 Oct 1997 08:50:13 +0900
>From: INABA <inabaaaa@marinet.or.jp>
>To: ‘SHINANOYA Yokomi/Mr.
> ‘ <EZE03762@niftyserve.or.jp>
メールありがとうございます。確かにここ10日ほどは忙しくて閉口しました。
でも、これで9店舗。信濃屋が飛躍するための試金石だと思います。

スタッフの店長の佐々木君はじめ、久保君、林さん、澤木さんもよくがんばり
ました。そして何といっても佐藤係長が高齢にむち打って(失礼!)本当によく
やってくれました。

みんな自分たちの店舗、自分たちの会社ということをいい意味で理解してくれ
てきたようです。私は、周りが若い人を悪く言っても自分はY理論で若い人がど
うしたら、自分の仕事に価値をみいだしてくれるかを探っていこうと思っていま
す。

話は変わりますが、武蔵小山の開店のとき森崎さんようのThinkpad-315Dをも
っていったのですが、やっぱりおもくまた自分用のモビールPCが必要だと自覚し
てThinkpad-535Eを購入しました。

最初少し遅いなあと感じたので、メモリーを32MB増設しました。デスクトップ
から移行するとやっぱりキーが小さいですが、通信機能もあって、あっちこっち
に持っていきたいと思います。このメールもThinkpadで書いています。

またなんかあったら、ご連絡します。お体に気をつけておすごしください。

97/10/07(火) 09:59 横見 武一郎(EZE03762)

「さよならニフティーサーブ」への2件のフィードバック

  1. 逆だなー、当時はつらかった。でも、今考えるといい経験をしたかも、今に生きてるよ。
    だからよき日でもなんでもないです。
    注目してほしいのは、ノートPCび32MBのメモリ増設して威張っちゃんの、なにしろそんなもんじゃ、WindowsXPは立ち上がりませんから、まあ約十年前だからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です