勝負する? 経営者

今、携帯の世界は一強ですね。AUの一人勝ちです。しかしDocomoのブランドロイヤリティ、特に地方と高齢者には絶対のものがあります。かつて写メールで一世を風靡したVodafoneはいまやディスカウントに向かっています。
それをさらに加速するのでしょうか?ソフトバンクが正式にVodafoneを傘下にしました。
孫さんは前から日本の通信料金を安くすると宣言してますから、価格に向かうでしょう。

噂では、都心のビルではAUが一番電波状態が良いそうです。今後ツーカーのインフラを吸収してもっと良くなるでしょう。
Vodafoneは良いとはいえず、Docomoは良くないそうです。
Docomoが抱えているのが、Fomaに完全移行出来かねている問題です。上記したようにユーザーに保守層がいます。新しいテクノロジーを拒絶する要因です。一度は新製品の開発はしないと宣言したムーバを今も作りつづけなくてはいけないのです。その結果両方式用の電波インフラを持ち続けています。

ではAUがもっともっとシェアを伸ばすか?資本主義はそうは働かないようにできているはずです。ということで孫さん頑張ってください。

ちなみに私はVodafoneのユーザーですが、番号ポータビリティーの時にはどうかしようと思っています。

さて、もう一人挑戦する経営者。ライブドアを買った宇野社長です。ライブドアのポータルに価値があるのですかね?疑問です。
それと有線のGyao。タダはいいけど、コンテンツの鮮度があまり良くないようです。こちらはとても難しいと思うのですが。
どうでしょう?

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です