二二六

今日は東京は寒い雨の日でした。70年前の東京は雪でした。二二六事件の日です。
昭和11年(1936年)二月二十六日です。

事件は簡単には皆が社会科で習うことですが、細部はよくわからない事が多いです。私も良く理解していません。
ただ、昭和天皇がご自分の意思で政治的なメッセージを出したのはこの事件と太平洋戦争の終戦時の二つであると聞いています。

二二六事件とは離れますが、私は昭和十年前後の日本は意外と面白そうな状態だったと想像しているのです。経済も廻っているし、文化的にも盛んで、戦争に深く突入するまでは、明るい状態だったと思います。

戦争を忌み嫌うのもひとつですが、戦争前の日本を想像して、なんでそうなったのか考えるのも良いのではないでしょうか?

そんな事を思った二月二十六日でした。

(Hatena::Diaryより転載)

「二二六」への2件のフィードバック

  1. 2.26事件って、よくわかってないのですよね~。この辺りの日本史、学校で全然教えてくれないし。
    ちきりんの理解では、「日本はすごい不況→政党政治は機能していない→んで、軍部の若手が“いっちょ、俺らで政権とって、日本をよくしよーぜ”と決起した。」もちろんトップには天皇を担いで、と。
    そういう理解でいいんでしょうか?

  2. 僕もよくわかっていません。ただ、昨日「経済が廻っている」と書いたのは、アメリカ発の大恐慌時代だけど、それなりの生活はできていたのではということです。たとえば後の世紀で「バブルの崩壊」ってひどい時代と思われるかもしれないけど、みんながみんな暮らしがひどく悪くなったわけでもないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です