メタボリック その2

コメントやTBをいただいて、疑問も中途半端なのでもう一度簡単に書きます。

「メタボリック・シンドローム」これが最近大いに取り上げられるのは、予防医療、つまり病気になる人を減らさないと、健康保険がますますヤバイのが最大の要因だと思います。

確かに、太りすぎ、喫煙、飲酒、運動不足などの害を啓蒙していけばマスで病気が減る可能性はあります。

ただ、身体は個々のもので、しかもシンドロームというのはいくつかの症状の総称です。すごくあいまいです。
煙草を吸ってても、太ってても長生きしている人もいます、逆もいます。誰のからだに何が悪いかは実は極めてパーソナルな事ではないかと思うのです。

「メタボリック・シンドローム」にしても、ウエストが男性85cm、女性90cmがひとつの指標になっていますが、身長差などは触れていません、BMIも体脂肪もです。

このアバウトさや、甘さが、シロウトが勧めている(つまり裏になにかある)と思うんですよね。

しかし、私のデブは事実なので、善処します。ということでした。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です