この曲は?

伊福部昭が亡くなりました。日本映画の音楽担当で有名な人です。
映画音楽では芥川也寸志とか有名です。先日書いた、「銀座カンカン娘」は服部良一が音楽をやってます。

テーマ曲、劇中曲の作曲など数をこなすと大変だと思います。

伊福部さんが担当した映画で「社長と女店員」という柳家金語楼が主演の映画があります。
1948年です。下記のリンクはこの映画のテーマ曲です。(著作権:多分…松竹)

http://www.takeichiro.com/blog/ihukube.mp3

私はこの映画を観た時、このテーマ曲だけでぶっ飛びました。

「ゴジラ」は1956年、12年後の映画です。伊福部さんの代表作です。

(Hatena::Diaryより転載)

「この曲は?」への4件のフィードバック

  1. もちろん「ゴジラ」です。
    というか、この話は「ゴジラ」のテーマは観てない人含めて知ってるという前提です。

  2. あっそうですよね、やっぱり。
    すみません、とぼけた質問で。
    最初に「社長・・」を見て、あとから「ゴジラ」見た人って、どんな感じを受けるのかな~と思って。先にこの音楽とゴジラが結びついちゃうと想像できなくて。
    すいません。支離滅裂かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です