しとやかな獣

「しとやかな獣」 1962年 大映
獣は(けだもの)と読みます。これは題名だけで観たくなった映画です。主演、若尾文子(なのですが、登場シーンはそんなに多くありません)。川島雄三監督の映画です。この川島監督は松竹出身でコミカルな映画を数多く撮ってますが、若尾主演で数本だけ大映でメガホンをとっています。

他のキャストは、山岡久乃、伊藤雄之助 、浜田ゆう子 、高松英郎、船越英二、そして山茶花究です。山茶花はこの映画でもすごく良いのですが、この後川島監督が撮った「喜劇・とんかつ一代」でも名演技をしています。金持ちで、人付き合いが苦手、こういう脇役が合うのです。森繁がいいかげんでも結局人に好かれる役がタイプなのに対し、山茶花はあくまで孤独で人を突っ放すタイプが好役です。だからこそ二人が合ったのかもしれませんね。

若尾文子は50年代の映画では、「若さ、健康」で売ってますが、この頃は「美しさ、妖艶」で売れるようになりました。京マチ子、山本富士子に追いついた頃でしょう。

ストーリーは、この映画悪い奴しかでてきません、皆が小憎らしいです。その中で誰が幸せになれるのでしょう?
そして、エンディングにメッセージ性があり、いい映画です。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です