早乙女愛

「愛と誠」 1974年 松竹
(続編、1975年 松竹)
自分的にはこんなのありっ?ってジャンルです。しかし、衛星劇場で愛と誠の三部作をやっていて思わず懐かしく観ています。

早乙女愛という役者さんのデビュー作(で、そのまま芸名)とは知っていました。これはテレビシリーズがあって(原作はマンガ。梶原一騎原作)再放送で観た記憶があるのですが、それも早乙女愛役が早乙女愛かと思っていたのです(ややこしい)。しかし、ネットで検索したら池上季実子がやっていたようです。
この辺のことわかる人いたら教えてください。

テレビ版は、とても重く辛いストーリーだったと思うのですが、映画版を今観ると???。なにしろ思春期に観ていたからですかね。

映画は一作目は西城秀樹が大賀誠を演じます。他の役者はいまいちぱっとしません。続編は西城のかわりに南条弘二 、影の女番長役に多岐川裕美となります。他にウルトラセブン=森次晃嗣もいます。
学校側のスタッフに、大泉滉や坊屋三郎というコメディアンがいます。笑い系で無能な先生を描くのは後の学園物でも使われる手法ですね。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です