ボジョレーヌーボー

今日は解禁です、今年はまだ飲んでいませんが、毎年予約して1~2本飲んでます。
知り合いの日記に書いたコメントです。

———-
ボジョレー(ボージョレー)はフランスのやや南側のブルゴーニュの一番南側の地区です。ブルゴーニュの赤ワインは「ピノノワール」というデリケートな品種ですが、ボジョレーはその亜種でやや強い「ガメイ」という品種でつくります。ガメイはほぼボジョレーだけで使用される品種です。
ヌーボーというのは「新酒」ですが、でその後リリースされるワインの単に造りたて、未熟成版ではなく、収穫して2ヶ月程度で飲めるよう速醸法(マセラシオン・カルボニク)で造る別物です。通常のボジョレーより色が薄く、フルーティーです。渋味はありません。
ボジョレーヌーボーの解禁は11月の第三木曜日と決まっています。フランスが世界共通に守らせているため、緯度の関係で「日出づる国」日本が主要国では最初に解禁されます。
チーズと合わせるなら、酸味のある白(ブルサンやブリアサバラン)、シェーブルなんか合うと思います。

———-

今日はズルしてこれだけ。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です