東から来た男

「東から来た男」 1961年 宝塚映画
加山雄三主演の映画で、加山雄三出演としては初期のものです。
後に若大将の恋人役、星由里子も出演しています。

設定としては、貧しい町に住む住民達が自分達のマーケットを建設しようと
していた所に、金にものを言わせたブローカーが自分の利権の為にそれを邪魔し、
また市や銀行にも圧力をかけます。
その町にふらっと現れた男は争いは好まないものの、ただ者ではありません。
そして、町の有力者の娘の死んだ兄との因縁がありました。
「死んだ兄」の役が佐原健二です。
ウルトラQの万城目です。その後のウルトラシリーズでは参謀など偉くなっていきます。
藤田進などもそうですが、50~60年代の東宝の役者さんがウルトラや特撮の欠かせない役者に
なってたりします。
宝田明、平田昭彦なども典型です。

あとこの映画には渋い役者さんで、森川信(ご存じ寅さんのおいちゃん)や大坂志郎がでています。
私はテレビの「大岡越前」が好きで、大坂、片岡千恵蔵、竹脇無我など良かったです。
初代の雪絵(越前の奥方)役の宇津宮雅代は特に好きでした。
あらら、思わず話がそれました。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です