サラリーマン清水港

2005-07-09

「サラリーマン清水港」 1962年 東宝
私は社長シリーズに分類していなかったのですが、
完全に社長シリーズの映画です。
メンバーも黄金期です。
(ちなみに私のいう黄金期は、森繁、加東、小林、フランキー、久慈、司です)
その他、東野英治郎、新珠三千代、草笛光子、有島一郎 などがでています。

森繁社長が浮気相手にただデレーっとせずちょっと強気なのが異色です。
また、小林が酒にだらしない役(これは石松だから)も珍しいです。

清水の次郎長の話がポイントです。
船の中で寿司屋の親父と小林、司の話や
社長の浮気相手の名前が夫人と同じだとかは
次郎長の話を知らなければつまりません。

そういえば、昔は皆知っていましたよね、清水の次郎長、森の石松。
テレビやマンガでもよくやってたし。
最近の若い人は知らないような気がします。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です