そういえば

今日はぼーっとしていて、ブログを書く気力が少ないので、
昨日書いた続きで、寅さん映画について知っていることをいくつか書きます。

松村おいちゃんの死で、おいちゃんは三人とも亡くなりました。
あたりまえですが三人とも名バイプレーヤー(脇役俳優)でした。

三崎千恵子さん(おばちゃん)の千恵子は倍賞さんと同じ字です。
共通点が意外なことに、歌から入ったこと。(倍賞千恵子はSKD)

「男はつらいよ」は映画に先がけテレビで放映されています。
最終回には寅は沖縄でハブに噛まれて死んでしまいます。
それを見た視聴者が、「何故殺した」の大クレームで、
山田洋次を動かし、後年の映画化になったといいます。

初期作では寅は人情のわかる人間というよりは、ただの乱暴者で、
これは脚本や監督をつとめた森崎東が構想していたそうです。

今日はここまで。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です