松村おいちゃん逝く

2005-06-28

今日ニュースになっていましたが、寅さんの二代目のおいちゃんの
松村達雄さんが亡くなっていました。享年90歳だったそうです。

男はつらいよのおいちゃんは、初代が(テレビ時代から)森川信、
二代目が松村達雄、三代目が一番長い下条正巳です。
松村さんの話し書いててなんですが、やはり一番好きなおいちゃんは
森川信でしょう、「ばかだねー」の台詞です。
この森川さんの急逝で、9作目から松村おいちゃんになります。

松村達雄は多種のジャンルの映画にでています。山田映画も多いです。
個性的な脇役ですが、後年は黒澤映画「まあだだよ」で主役もつとめています。
なにしろ、笑ってよし、怒ってよし、泣いてよし、ぼけてよしのキャラです。
その強いキャラで、NHKのBSの創世記のキャラクターのひとつ、
”うさじい”のイメージになり声も演じています。
地上波よりはるかに映画を観られるBSはその頃とてもよく使っていました。
(今はケーブルテレビ)

実は私は松村おいちゃん前の「純情篇」が好きです。
松村達雄はおいちゃんでなく、医者で登場します。
この映画は、マドンナが若尾文子で、なんと森繁久禰も出ています。

「実は私に好意を持っている人がいて困っていると」寅を牽制するマドンナの言葉を
勘違いして、寅は医者(松村)に掛け合いにいくというオチの話です。

なににしても、また柴又の住民が一人減っちゃいました、合掌。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です