杉村春子

「流れる」 1956年 東宝

成瀬巳喜男監督、柳橋の置屋を舞台にしたドラマです。
置屋の女将が山田五十鈴、その娘が高峰秀子、芸者に岡田茉莉子、杉村春子。
住込みの女中が田中絹代という、ぜいたくな布陣です。
左前の置屋を様々な角度で描きます。
話自体はそうたいしたことはないのですが、
役者それぞれにうまくフォーカスがあたっていて良いです。

特に田中絹代。品が良くあくのない感じが出ています。
高峰も同じ感じ。
高峰秀子は様々な映画でいろいろな役をやっていますが、こういう方が似合います。
(カルメンも良いのですが)

そしてこの映画の最大のスパイスが杉村春子です。
後半の場面で山田五十鈴がお座敷に上がれないので、代わりを杉村に頼みます。
そこで、電話で唄のリズムを杉村が確認するシーンがあるのですが、
全部アドリブだったそうです。

山田五十鈴のお三味線は本職で素敵ですが、
杉村さんの芸者も艶っぽく良いです。
高峰は彼女をとても尊敬していたそうです。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です