社長シリーズルネッサンス

昨日書いた「昭和ひとけた社長対ふたけた社員」はポスト社長シリーズというか、
森繁のいない作品です。
よく考えてみたら、「社長太平記」に設定が似ています。
軍隊調の好みで表現するジェネレーションギャップです。

「社長太平記」 1959年 東宝
この頃はまだ、三木のり平、フランキー堺が登場していません。
この後「社長道中記」で三木、「社長漫遊記」でフランキーが登場し
シリーズの黄金期となります。

60年代末になり、三木、フランキーそして中核の森繁がいなくなったシリーズに
かつての作品を投影した感じがします。

「社長太平記」に続く「続・社長太平記」単なる続編でありません。

  • 監督も助監督も違う。
  • 白黒→カラー
  • 団令子が前作で専務の娘だが、後作では芸者役。

何か社長シリーズの転換期だったようです。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です