菅直人

日曜日のテレビ番組で民主党の菅直人が、
「昭和天皇は戦争責任をとって退位すべきだった」という発言をしたそうです。
私は午前中ずーとテレビをみていたのですが、福知山線事後関連に優先順位をとられ、
この番組はみていませんでした。

歴史にifはないですが、もし昭和天皇が終戦時に退位していたら、
・日本の奇跡的な戦後復興が成し遂げられていたか
・今日まで続く憲法を遵守していたか、日米安保は保たれていたか
・世界の中で経済大国であるばかりでなく、旧い歴史、文化をもった国として自他共に認識できたか
などが疑問です。
一番単純に考えられるのは、革命が起きて共産圏と自由主義圏との2カ国になりかねない。
(そうなった時は韓国は北に吸収されていたでしょうね)

時に中国、韓国の日本への要求は目に余ります。
そして、それに反発する意見がもちろん国内にあります。
菅氏は果たして政治家なのでしょうか?
韓国に対する日本の右翼的な考え方のアンチテーゼで言っているとしか思えないのです。
そうすると、いがみ合わずに平和的になんて考えている層の支持が得られるとでも思っているのです。

菅直人は元から嫌いでしたが、さらに嫌いになりました。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です