大惨事

2005-04-25

もうはっきり宣言します。時々日曜日は休みます、昨日も書けませんでした。

さて、今日はJR福知山線の脱線事故につきます。
被害をうけた方々には心よりお見舞い申し上げます。
運転手の経験不足、置き石、いろいろある様ですが、原因はまだわかりません。

レールの上を歩くような人生とか、話が脱線するとか、比喩に使いますが。
滅多に脱線しないもんですよね。
私も毎日電車に乗っていますが、普段は怖いとか感じません。
車はひやっとするときありますけど。
こういういいかたは不謹慎かもしれませんが、レールの上をまっすぐ走るなら、
目をつぶっていても走れそうな気がします。
あんな満員電車を走らしていても平気なシステムに
わりとみな信頼していると思うのですよ。
それだけに、びっくりです。

家族もこういうときは大変ですよね。
乗客名簿なんてないし、だいたい普通は自分が何時のバスや電車に乗るって決めていきませんよね。

事故の原因のひとつにダイヤを守るためにスピードを出したとも言われています。
山手線はダイヤを守らないそうですね、遅れた時は止めて次の時間にあわしちゃう。
3分おきに走らせるというタイトなダイヤを運営する上で、そこをルーズにして対応しているそうです。
いきつくとこまでいくとそうなるのですね。

今日は、この後もニュースをはしごです。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です