ペイオフ解禁

2005-04-02

(写真は、横浜の第一銀行跡)

この4月から制度変更があり、ひとつは市町村合併(を促進する補助金のカット)
もうひとつがペイオフ解禁のようです。

これは、銀行が破たんした時に1千万円以上については必ずしも保証しないと
いうもので、資産の多い人には大事です。
私には何の問題もありませんが。

さて、そこで銀行を考えました。
お金がたくさんなくても銀行には関わって生きています。
給与の振り込みがあったり、各種振り込み払い込み。

携帯を持たない人やクレジットカードを持たない人でも、
預金通帳やキャッシュカードを持たない人はほぼいないでしょう。

子供のころは、もちろん自分で管理する預金口座はありませんでしたが、
銀行は重々しく、夏は冷房が効いている高貴な空間でした。

60年代の映画でよく今はなき「第一銀行」の看板が写ります。

以前、親と意見が合わなかったのが、私達家族は、私が小学校4年の時に
世田谷から千葉の引越したのですが、その時稲毛の駅にあったのは
「第一銀行」だったか「第一勧業銀行」だったかということです。

今ではネットで調べ結果を知っています。
そして、その銀行は今はもちろん「みずほ銀行」になっています。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です