森繁の食べるシーン

へそくり社長では、社長は奥さんから厳しい食事制限を受けています。

お米のごはんは駄目。
それ以外も食べ過ぎ、飲み過ぎは駄目。

彼はいつも「米の飯を腹一杯食いたい」と思っています。

そんななか、会長の令嬢(八千草薫)の夜のお供をし、
芸者遊びの後、寿司をたらふく食います。

いい食べっぷりで、
「いやー、お兄さんうちの三倍は食べなすったわ』とお嬢さんに感心されています。

森繁の食べるシーンは社長シリーズの特色のひとつで、
社長太平記でも「早食いしか能のない元二等兵」社長を演じています。

明日は、お昼のザルソバへ。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です