地獄の饗宴

「地獄の饗宴」 1961年 東京映画

岡本喜八監督のコミカルなサスペンスです。三橋達也、団令子が主演です。

売春の斡旋をして稼いでいる戸部(三橋達也)はある日一本のフィルムを拾います。
現像するとその写真にはひと組の男女が写っていました。そしてその男は…。

昨日書いた「黒い十人の女」と同じ年の東宝系(東京映画)で、もちろん監督の違いもありますが、サスペンスでも味が違います。
ラストはこうなっちゃうのかって感じです。でもこれしかないのかなとも思いますが。

中北千枝子、この人は黒澤明監督の「素晴らしき日曜日」で主演した人ですが、その後の映画ではやさしいお母さん、おばさん的な役が多いのですが(例えば、テレビ版「白い巨塔」では財前教授の実のお母さん役)、この作品ではユニークな役です。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です