大映映画

いつも、東宝、東宝っていっているのでたまには他の映画も書きます。

大映の60年代、なんといっても田宮二郎、勝新太郎です。
この二人が競演しているのが「悪名シリーズ」

そして勝新太郎と、田村高廣の「兵隊やくざ」

勝新のあばれぶりがとても好きです。

この時代の大映は、若尾文子、山本富士子、京マチ子というように女優は揃っていたのですが、男優特に現代劇で層が薄いです。

せいぜい川口浩、船越英二ぐらい。そんななかで田宮二郎は光っています。

本名は柴田吾郎で初期の作品はそれでクレジットされていますが、大毎のオーナーだであり、大映社長の永田雅一に大毎の田宮謙次郎の名前から田宮二郎という芸名にされてしまいます。
後に「不信の時」という映画のクレジットの順番で、この永田雅一と衝突し田宮は大映を解雇されます。

解雇の二年前に「白い巨搭」を撮影しています。

あと、大映は大魔神、ガメラです。東宝の特撮よりも怖い感じがしました。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です