団令子

昨日書いた「若い季節」にも出演していた、団令子。

この時代の東宝の看板女優の一人です。
私が始めてみた社長シリーズの「社長えんま帖」に出ていて、
その頃は役者さんの名前があまり解らず、何回もキャストの所をみて
研究したものです。

その映画では、京都の芸者で、看護婦にカモフラージュして森繁社長と行動します。
その役どおり実際に京都の出身で、関西なまりの役がとても良いです。
話はそれますが、新珠三千代の関西なまりも良いです。

ちょっと舌足らずでかわいい声です、顔も丸顔で、美人ではないのですが
現代的でコケティッシュな雰囲気でした。
代表作「お姐ちゃんシリーズ」始め、社長シリーズ、クレージーなど
色々な映画に出ています。
お嬢様役から、芸者、ホステスなど多様な役所をこなしています。

一昨年お亡くなりになったのですが、
息子さんのこともあり、晩年は幸せとは言えなかったのかも知れません。

映画の中では今でも、はつらつと明るい団令子に会うことができます。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です