今日はブログの決め事

ルール

三日目です。三日坊主にならぬようこのブログに関する決め事を発表します。

  • 1960年代を中心とした日本映画に関することを色々書きます。
  • 一度書いたものは間違いがあってもその文章は改変せず、後の文章に訂正を入れるという形にします。
  • 現代の社会において不適切とされる表現も使うことがあります。
  • 役者さんの名前には基本的に敬称はつけません。
  • なるべく毎日書きます。
  • 文章は敬体で書きます。
  • 単純なデータ、単語以外の引用は出典を明らかにします。

以上2005年1月28日のルールです、変更することもあります。

理由

上記のそれぞれの理由です。

  • なぜ1960年代か、それは書ききれないほど理由があるのですが、簡単に言うとこの頃が、「自分が生まれてからもの心がつく頃の時代、郷愁感」「日本が輝いていた時代」だということです。まんがと映画は歴史、風俗の一級品の資料です。この頃、戦前からあった風景や風俗が、現代風に変わっていったものがたくさんあります。そういう事を見たり、その事について考えたりするのが好きなのです。
  • 前に書いた内容を訂正して行くとキリがなくなるので。それとブログなので、決してきれいな物を残す気がないのでそうします。
  • 言い換えはその言葉の本質を変えることができない上に、ニュアンスを正確に伝えません。差別用語を使うことに問題があるのではなく、差別することに問題があると考えています。
  • 敬称をつけたいのですが読みにくくなるのでつけません。

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です